目を大きくマッサージするためには

目が小さい原因は生活習慣にもあります。

パソコンやスマートフォンの見過ぎなど、目を酷使していると眼精疲労となってしまい老廃物が目の周りにたまることで小さく見えてしまいます。そんな眼精疲労を改善するのに役立つのが、マッサージです。マッサージを行うことによって血行を良くすることによって目を大きくすることができます。目を大きくマッサージするためには、まず手を温めていきます。入浴後などの手が温まっている時に行うのも効果的です。

手のひらを中心に、マッサージオイルまたはマッサージクリームをなじませておきます。これは目の周りの皮膚が薄く、オイルなどを塗らずにマッサージを行うと皮膚に負担がかかりたるみなどにつながるのを避けるために行います。目を大きくマッサージのやり方としては、人差し指の第二関節を90度ほどに曲げたら、親指をまっすぐに伸ばした状態でこめかみに当てます。こめかみに親指を当てままま、曲げた人差し指の第二関節を使って眉頭から眉尻、目頭から目尻に向かって5回ずつマッサージしていきます。

指の形はそのままに、眉に沿ってマッサージを5回を小なったら、最後に手のひらで目の周りを覆って眼球を軽く押さえて完了です。目を大きくマッサージの効果を高めるためには、額などもマッサージすると効果的です。握りこぶしを使ったら額を円を描くようにマッサージしていきます。時間がないという場合には蒸しタオルなどを行うのも効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *