目を大きくマッサージするポイント

ぱっちりした目元になるには目を大きくマッサージしましょう。

強くこすらず優しく撫でるように行うだけでも、目の周りの血流が良くなりデカ目効果があります。目の周りの皮膚は薄く敏感なので、必ずジェルやクリームをつけて行いましょう。無理やりこすったり押したりすると、皮膚が伸びてシワの原因になるほか、赤く炎症を起こしてしまう場合もあります。目を大きくマッサージすることは難しくはありません。

ポイントさえ押さえておけば誰にでもできるので、時間がある時にトライしてみましょう。マッサージの方法としては、目頭から目尻まで骨の上を優しくなぞります。このとき全ての指を使ってしまうと力が強く入ってしまうため、中指と薬指の2本で行うと良いでしょう。上まぶたと下まぶたを両方とも触れていきます。目を大きくマッサージと並行してぜひ取り入れたいのがツボ押しです。目の周りにもツボがたくさんあるので覚えておきましょう。

目頭のすぐ上にあるセイメイ、眉頭にあるサンチク、下瞼の中央にあるショウキュウなど有名なものがいくつもあります。ツボを押すときは、なるべく力が入れやすい親指や中指がおすすめです。一気に押さずゆっくりじわじわと力を入れていきましょう。短くても一カ所5秒ほどおしましょう。マッサージやツボ押しに大事なことは、ゆっくり丁寧に行うことです。急いでやるよりも、意識を集中することでより効果が高まります。目が小さいと悩んだらぜひ試してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *