元に戻らない目大きく方法について

目の小ささにコンプレックスを抱いている人は、何とか大きくしたいと考えるものだと言えます。

最近ではプチ整形も流行しているために、ひと昔前と比較して美容整形で施術を受けることに抵抗を感じている人が減っています。

目が小さい人にとっては美容整形で行われている目大きく方法に興味を持っている人も多く、クリニックに通うことで目を大きくする方法の施術を選ぶことが可能です。

ひと口に目大きく方法といっても、1種類だけの施術が用意されているわけではなく、いくつかの方法の中から選ぶことが可能です。目大きく方法として広く浸透しているものは、二重まぶたを作る方法です。

糸を使って結ぶ方法や部分的に切開する方法などがありますので、費用や時間的な余裕のことも考えて自分に適したものを選ぶ必要があります。部分切開法では、二重まぶたを作る場所にラインを引いて切開を行い、余計な脂肪分などを取り除いて縫い合わせることで二重まぶたにします。

プチ整形で作る二重まぶたの場合には、ある程度の期間が経過すると元に戻ってしまうデメリットがありますが、部分切開法であれば1度施術を受けておけば、元に戻ることはありません。

そのために短い時間で施術を受けて、二重まぶたを作っておけばその後は目をずっと大きくしていられることがメリットと言えます。部分切開法を受けるためには外科手術が必要になりますので、まとまった休みのときに受けることがおすすめです。抜糸を行うことも含めて考えると、最低でも6日間ほどはかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *