血行を良くして目大きくマッサージ

目大きくマッサージをするための準備として、もし、冷え性の方は、手をぬるま湯などで温めて、手のひらを中心にマッサージクリームまたはオイルをなじませ、お風呂でやると自然に手が温まっており、目の血行も良くなっているため、目大きくマッサージをする際には効果を上げることができます。

目大きくマッサージでは、まずは、目の周りに溜まった毒素を出します。人差し指の第二関節をほぼ90度に曲げ、親指をまっすぐ伸ばした状態で、親指の先をこめかみに当てたまま、曲げた人差し指の第二関節を使って、眉の先から眉尻に向かいうわ瞼をマッサージし、さらにした瞼も同様に5回ずつ行います。

さらに、同様に眉に沿って5回マッサージを行い、最後に、手のひらで眼の周りを優しく多い、眼球を軽く押さえます。目大きくマッサージでは眼力をアップさせる骨のマッサージを行うことも効果的です。

人差し指と中指、薬指の3本を目の下の骨の部分に沿うようにおいて、そのまま真下に向かいゆっくり5秒ほど押します。その際に皮膚の下の骨に力が伝わるように3回1セットとし、一日3セット行います。

目大きくマッサージでは、二重ラインの癖付けを行い二重にすることもお勧めです。目を伏し目がちにしながら、人差し指で目頭のまぶたを上に引っ張り、瞼を持ち上げたまま人差し指を眼球の骨の上あたりをなぞるようにしながら目尻の方に指を動かし、人差し指はそのまま抑えた状態にすれば、二重瞼のようなラインができるので、その状態で5分間キープさせます。

マッサージを行う際には、皮膚を傷つけないように気を付けて行うようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *