京都からナガシマへは気軽に旅行できます

旅行を計画する場合には登山だったりグルメだったりと、テーマを決めて行く事でより一層楽しめますが、日数の関係で行く場所が絞られてしまう事もあります。

近場でも楽しい場所は十分にあるため日帰り旅行には最適です。京都からナガシマ地区は概ね1時間半程度で行く事ができる事から、日帰りでも十分に楽しむ事が可能です。この地区の観光ポイントとして、ナガシマスパーランドやなばなの里や湯あみの島などがあります。京都出発の場合は、一番理想な移動手段は旅行会社が販売しているナガシマ地区の日帰り旅行コースの利用となっています。

ツアー旅行の特徴は京都からナガシマ地区までの往復交通費が付いている他に、コースによってテーマパークのパスポート券が付いていたり、昼食がついていたりと様々です。何を中心に楽しみたいかによってコースを選択すると満足した旅行ができます。京都からの学校の遠足でナガシマ地区へ行く場合には、テーマパークで一日自由時間というものが選ばれやすいです。大人の旅行としては湯あみの島でゆったり過ごした後、なばなの里で植物見学というコースも風流があって楽しめます。夏の時期ではなばなの里でホタル観賞をする事が可能で、21時や22時まで営業しているのでのんびり観賞できます。

自動車で高速道路を使用する場合は、京都南や東のICから名神に乗り草津で新名神に乗り換えた後、亀山から東名阪道を利用のルートが分かりやすいです。行く場所によってそのまま東名阪道を走行するか、途中で伊勢湾岸道に入るかが分かれます。新名神にある土山SAが途中の休憩に最適ですが、上下線が一緒になっていて広い分、小さい子供は迷子にならないように注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *