富士急ハイランドに日帰りで征く

富士急ハイランドといえば、今や日本でも有数の絶叫系に強いテーマパークとして認知されています。

そんな富士急ハイランドや富士山と言った観光名所は山梨県という首都圏に位置していることもあって、東京から日帰りで遊びに行くこともできるオケージョンなのです。最も手軽に利用できるのは高速バスです。朝早い便を利用すれば開園前には、少し余裕をもって10時過ぎのバスを利用しても昼頃には山梨県に到着します。この便は富士山の河口湖が終着となっているだけに、富士山まで足を伸ばすにもぴったりです。しかし、東京に戻る最終便が河口湖を15時に発ってしまい、15時過ぎには富士急ハイランドを通過してしまうため閉園まで遊ぶとこの便には乗れません。

帰りの便が電車に比べて早くならざるを得ず、日帰りで行こうとすると遊ぶ時間は少し短くなってしまいます。しかし、一度乗ってしまえば乗り換えの必要もなく終着まで運んでくれる高速バスが快適なのは疑うべくもありません。さらに、遊園地のフリーパスとセットになって安く利用できる運行プランも用意されているとあって可能な限りこちらを利用したいところです。高速バスを利用しない場合、富士急行線を利用することになります。

JRの在来線を利用して大月駅まで出ると、富士急行線に乗り換えることができます。遊園地で閉園まで遊んでも最終電車に間に合うため日帰りを予定している方には助かる一方で、前述の通り乗り換える必要があり手間がかかるほか、バスより少し移動に時間がかかってしまうという難点もあります。様々なアクセスで一足伸ばせば、格別の楽しさが山梨に待っています。自分にぴったりの行程を考えましょう。
富士急から日帰りのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *