富士急で遊ぶため宿泊を考える

山梨県周辺は絶叫系巨大遊園地の隆盛や世界遺産登録の恩恵か注目度が高く、東京から一足で着く地域ではありますが、宿泊して複数日にわたって遊ぼうと考えた場合、少し考えなくてはなりません。

というのも、富士急ハイランドへのアクセスの一端を担う富士急行線沿線にはお世辞にも宿泊施設が多いとは言えません。旅館を利用しようにも遊園地周辺から少し足を伸ばして一本通りを出なくてはならないにもかかわらず、周辺にはこれと言った目印があるわけでもない上、夜になるとなおさら道がわかりにくくなってしまうので土地勘のない人にとっては少し不安な移動となってしまいます。

ですので、富士急ハイランド門前にあるオフィシャルホテルを利用するのが日をまたいで遊園地で遊ぶには最も適していると言えます。遊園地のフリーパスとセットで安くなるプランも用意しているようですので、旅慣れていない人はこのコースを利用することが最善と言えます。

富士急行大月線始発駅である大月駅周辺ですと数件ホテルなどの宿泊施設があるようですが、大月駅からは遊園地まで1時間程度かかってしまいます。始発を利用するなら遊園地でも十分に遊ぶことができますので、候補のひとつになるのですが、大人ですと片道1000円程度の交通費もかかってしまうため、予約が取れるなら前述のオフィシャルホテルをできるだけ利用することが富士急行線沿線を快適で便利に旅する上で最も勧められるプランです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *