関西発の富士急バスは山梨への貴重な足

関西発で考えると、距離のわりに行きにくいのが山梨県です。

富士山、富士急ハイランド、清里、昇仙峡など魅力的な観光地はたくさんあり、自家用車があれば中央道で直接アクセスできるのですが、新幹線が通っていないために鉄道では時間がかかり、乗り換えも必須です。そこで注目したいのが、山梨県のバス会社、富士急が運行する関西発の夜行バスです。近鉄と共同で運行する「フジヤマライナー」がそれで、大阪・京都と富士急ハイランド、河口湖、富士山駅をダイレクトに結びます。

所要時間は10時間程度かかりますが、快適な3列シートですので夜間の移動も苦になりません。山梨県内には朝8時台の到着ですから、目覚めればすぐに観光をスタートできます。帰りは21時前後の発車なので、夕食をとってからゆっくりバスに乗り、翌朝には関西に戻れます。高速バスですから料金はリーズナブルで、加えて宿泊費が浮くので、鉄道を利用するよりずいぶん安くつきます。

関西発で山梨方面へ向かうバスは、ほかに山梨交通と近鉄が共同運行する「クリスタルライナー」があります。こちらは大阪・京都と韮崎・甲府を結びます。バスのグレードはフジヤマライナーと同等で快適です。夜間の便のほかに昼間の便もあり、大阪を8時ごろ出れば甲府に16時ごろ到着します。新幹線と在来線を乗り継いでも最速で5時間程度はかかりますから、夜行はちょっときつい、という方は昼間のバスでのんびり行くのもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *