名古屋発の高速バスで富士急に行く

山梨県にある富士急ハイランドは有名な遊園地です。

富士山も見えます。名古屋発の高速バスに富士急ハイランドを経由して富士山駅まで毎日1往復の高速バスが運転されています。名古屋発が午前7時過ぎに発車するので、富士五湖には午前の11時30分に到着し、帰りのバスは午後4時過ぎには発車するので実質4時間30分ぐらいの滞在しか出来ません。宿泊しないと堪能することが難しくなります。この救済をするために金曜から日曜日と祝日前日と祝日、スケートシーズンは名古屋発の夜行臨時便が設定されています。

このバスは富士五湖に翌朝の7時30分に到着し、帰りは定期バスの1時間後に臨時便が設定されています。これで富士急ハイランドの滞在時間が増えます。なお臨時便しか停車しないバス停があるので注意が必要です。定期便は山梨県から休憩を除きノンストップで名古屋まで戻ってきます。往復とも臨時便を利用すると、ほぼ24時間で名古屋まで戻って来ることが可能です。運賃は往復なら7200円となってますが、富士急ハイランドパックと言う企画切符でバス代と入園料に乗り物のフリーパスがあり、このセットなら9600円ぐらいなので格安に利用できます。2月はさらに割引があります。

基本的に定期便と臨時便ではバスのタイプは同じなのですが、日によって臨時バスの方が変更になることがあります。バス内にお手洗いの設備があるので大丈夫です。少しバスに乗っている時間は長いですが、無線LANがあるのでスマートフォンでインターネットをすることは出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *