鳩待峠からの日帰り尾瀬バスツアー

鳩待峠を登山口にしている尾瀬バスツアーは日帰りで出掛けることができるので、週末などを使って大自然での散策に最適ではないでしょうか。

日帰りで尾瀬を楽しむためには早い時間に鳩待峠に到着する必要があります。夏時期でも夕方になれば林道は薄暗くあるなど危険もあるので、バスツアーも早い時間に下山するスケジュールを立てています。一般的には下山は午後2時から3時頃、バスツアーの場合でも遅くとも午後4時には集合場所に集まり、バスに乗車できる状態にしますので、鳩待峠からどこまで行って戻るのかをしっかりと計画立てておく必要があるわけです。

ちなみに、尾瀬には整備が行われた山小屋も多数あるので、日帰りではなく山小屋泊のバスツアーを選ぶのもお勧めです。日帰りの場合には限られた場所までしか行くことができませんが、山小屋を使って宿泊すれば、翌日も1日行動ができますし、山小屋の朝はとても早く、午前4時頃からスタートする人も多いのです。

尚、鳩待峠は湿原に向かうルート、至仏山への登山ルートの2つがあり、さらに富士見峠に向かう3つのルートがあります。至仏山への登山および湿原散策はいずれも日帰りで出掛けることができますが、富士見峠を経て湿原や尾瀬沼などに出掛けるルートは、人が少ないのでゆっくりと散策を楽しむことはできるのですが、距離が比較的長いこと、場所によってはクマザサの中をかき分けながら歩くなどからも初心者向けではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *