尾瀬の日帰りバスツアーの特徴

尾瀬の日帰りのバスツアーは、当日の朝にバスに乗って行くコースや前の日の深夜にバスに乗って出かけるコースがあり、それぞれ大多くの人に利用されています。

色々な会社が提供しているものがありますが、バスに乗る場所は各地のターミナル駅などアクセスしやすい場所が殆どで、利用者は自分の利用しやすい出発地から出ているものを選ぶことが可能です。東京にある出発地を当日の朝に出発する尾瀬の日帰りバスツアーのコースの一例では、バスで4時間くらいで現地に到着します。東京から行くときは鳩待峠という群馬県側にある入山口から湿原に向かっていくコースが多いようです。

午後の早い時間には、ミズバショウやニッコウキスゲなどが季節によって咲いている目的地の湿原に到着することができ、夕方前にはハイキング終了となります。一方、東京にある出発地を前の日の夜に出発する尾瀬の日帰りバスツアーのコース例としては、深夜に東京にある出発地からバスに乗り、明け方には同じように鳩待峠に到着しハイキングを始めます。夕方前までたっぷり現地で過ごせるので、湿原や登山道などを堪能できるでしょう。

このような尾瀬の日帰りのバスツアーでは、帰りの途中で入浴施設に立ち寄ることがコースに組まれている場合もあります。登山やハイキングでかいた汗を洗い流してサッパリして帰路につくことが可能です。また帰りのバスではビールで乾杯することもでき、自分で運転するマイカーでは出来ない楽しみ方ができるのも尾瀬の日帰りバスツアーの良いところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *