四国はラフティングの宝庫

現在日本で可能レジャーは様々ありますが、特に日本向けなのがラフティングです。

ラフティングとはい一人ないしは二人用のカヌーや6人乗りのゴムボートでの川下りです。最近ではスポーツにもなっていたり世界的に流行っていますが、日本は特にラフティングに向いています。日本は元来川の多い国ではありますが、さらに短く狭く急な場合が多いです。特に内陸部の山間には、海外では味わえないような急流を楽しむことができます。

日本の川のように短く狭く急な川の場合、大きなゴムボートであっても体感上激しい動きになりますので、より刺激の多いラフティングになります。これは海外ではなかなかお目にかかれません。日本でラフティングを楽しむエリアは多くありますがあり、最近注目されてはいるのが四国です。元々盛んな場所だった四国ではありますが、観光客誘致の成果として、いくつかの企業がレジャー施設を作っています。

多くのインストラクターを抱える施設が多くなかった様々な形で楽しませてくれます。また四国は平坦な土地ですが、四万十川のように大きな河川の支流が網の目のように連なっています。これが最高のみならずポイントとなっているケースが多いです。今後日本は欧米の文化をさらに取り入れたレジャーの発展が予想されています。またオリンピックの競技のカヌーで日本人が活躍されたことが注目されていうことも含めて、さらに体現する観光客が増えることは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *